SuperYachtsはサバンナヨットセンターに向かう

Lisa Overing10 9月 2018

ヨットのヨット・コーティング・パートナーであるPinmarによってフル・ペイント・リニューアルが行われた後、サバンナ・ヨット・センターで最近235フィートのメガヤットが打ち上げられました。 60メートル以上のスーパーヤードに対応しているこの造船所は、2019年の第2四半期中に竣工する予定で、ヤードのインフラを改修しながら、大型ボート部門の修理、サービス、修復を提供しています。

サバンナヨットセンターの新型3,240Tシンクロフトと鉄道システムは、140フィートの長さのヨット用ドッキングステーションと1,200フィートのウェットスリップを備えており、260フィートの6つのスーパーヨットに対応しています。修理とサービス。

ジェームズ・ベーリス(ジェームズ・ベーリス)(ジェネラル・マネージャー)は2年も経っていないので、サバンナ・ヨット・センターと17,000トンのドライドックを修理と修理のために選んだ。

ジョージア州の大西洋に近いアメリカに戦略的に位置するサバンナの気候は、年に12ヶ月の修繕作業が可能です。この改装された庭には、船の店舗や市場、オフィス、ジム、クルー・ラウンジ、カフェ、バーなど、すべてのアメニティが備わっています。

カテゴリー: コーティングおよび腐食, メガヤッツ, ヨット, 船の修理と変換