変化の旋風:トリニティヨットのクルーは今日どこにいるの?

Lisa Overingによって4 3月 2019

解散したTrinity Yachtsの4人の主要プレーヤーは、かつては世界で6番目に大きなカスタムヨットビルダーでしたが、約4年前の会社の解散以来、ヨットで新しい役割を果たしています。

この著者が2006年5月にミシシッピ州で彼らの新しいGulfport施設を祝うTrinityのCinco de Mayoザリガニ沸騰で彼らにインタビューをしたときと同じように、Billy Smith、Geoffrey van Aller、Jim BerulisおよびPhil Nussはパンチで転がりました。

2005年8月29日にハリケーン・カトリーナがメキシコ湾岸を倒し、ニューオーリンズを沈没させた後に苦しんだ地域では、トリニティヨットが危機管理の成功事例としてゼロから立ち上がった。 2008年には24隻のヨットが並ぶ止められないボート作りのブームタウンになります。

壊滅的なハリケーンはトリニティの革命的な成長を先導しました。アメリカ最大のヨットメーカーになったこの造船所は、2つの施設で19エーカーの屋根付き作業スペースの下に、年間8〜10メガヨットを届けることができました。トリニティは新しいガルフポート本社に鋼鉄とアルミニウムのヨットを建て、再開されたニューオーリンズのヤードはアルミニウムの船体とデッキを構築してガルフポートを支えました。

ハリケーン・カトリーナからわずか2ヵ月後、2005年フォートでのトリニティの発表。ローダーデール国際ボートショー(FLIBS)はヨットの世界を立ち上げ、注目を集めました。ハリケーン中の特別な措置により、ヨットの配達は安全に保たれ、FLIBSがデビューしました。無敵のズーム、ズーム、ズーム、ムスタング・サリー、ビッグイージーミアエリーゼ 、50年に米国で構築された最大の鉄鋼船体モーターヨットは、FLIBSで任意のビルダーのための印象的なラインナップだった、と最悪の自然に耐えいずれかの注目すべき歴史の中で災害。

2008年の不況の前には、強いユーロがアメリカ製メガヨットをヨーロッパ製ボートに手頃な価格で提供し、トリニティヨットは大きな変化を遂げました。同社はニューオーリンズ最大の製造業の雇用者の一人であり、ニューオーリンズの中心部にある産業運河沿いのトリニティの38エーカーのウォーターフロントにある500人以上の従業員を抱えていました。

1941年にヒギンズ・インダストリーズとして造船所として操業を開始したこの種のグリットがニューオーリンズの不動産を建設しました。アメリカのアイコンは、第二次世界大戦でDデイを獲得した水陸両用着陸船を製造する2万人の労働者を雇用しました。保護されたプロペラで湿地で作業するように設計された浅い切り株のジャンパーは、世界で最も暗い日の間にニューオーリンズに戦争努力産業をもたらした着陸船に影響を与えました。浅い喫水のあるガルフボートは、単純さ、容易な建造物そして一般的に低コストのためにハードチャインハルと呼ばれています。

トリニティの副社長であるビリー・スミスは、次のように述べています。「トリニティのヨットは、20ノットの走りで7フィートを描く150フィートのヨットを建てることは、メキシコ湾の浅瀬でクルーボートを走らせることの直接の結果です。」

John Dane IIIは、1987年にTrinity Marine Groupの社長に就任し、1988年にSmithに接近し、会社の多様化を促進しました。作業船市場の変化に伴い、Trinity YachtsはTrinity IndustriesとHalter Marineからスピンアウトしました。

スミスは生涯ずっとヨットを回っていて、それらを造る準備ができていました。 「私たちはローダーデールの人たち、時代の大きなヨット、86フィートのBurgers and Browardsから電話を受け続けました。」

スミスは、当初は分類されていなかった初期のアルミヨットの建造には感銘を受けませんでした。 「80年代後半、フォートローダーデールの100フィートのボートの大部分には水密隔壁がありませんでした」と、スミスは言いました。 「海に出て舷窓を吹き飛ばす人もいます。私たちはそのようなボートを建てることに慣れていなかっただけです。」

トリニティは約20年間優れた走りを見せ、62隻の船体を納入しましたが、ハーヴェイ湾に買収された後、2016年に新しいヨットの建設は中止されました。 Yachting Journalは最近、水産業の新たな役割を担う4人の主要企業に追いついた。

ビリースミス
キーアカウント担当ディレクター、Metal Shark、Yacht Broker、Merle Wood&Associates。


トリニティのエグゼクティブバイスプレジデントであるビリースミスは、家族のデリック、バージ、タグボートでミシシッピ川で育ち、ポンチャートレイン湖でのセーリングやルイジアナのスポーツマンの楽園でのスポーツフィッシングを楽しんだ。

スミスは1月の寒い日にララのメタリーでリラックスした様子を見せた。

「好きです」とスミスは言った。 「全体の雰囲気はエキサイティングです。メタルシャークは、今後の造船所です。これはいくつかのバーチャルオフィスを持つ千年の会社です。私はミシシッピ州に拠点を置き、ホライズンの古い庭にあるメタルシャークのアラバマ施設に焦点を合わせています。」

スミスはまたフォートローダーデールのメルルウッドに素晴らしいオフィスを持ち、スーパーヨットの世界で最大の仲介船を彼の印象的なネットワーク、生涯のつながりに見せています。彼は、「3千万ドルまたは4千万ドルのスーパーヨットを建てるためには、少なくとも2億ドルから3億ドルの純資産を持つべきだ」と述べた。

しかし、明るい、カリスマ的なスミスはまだ足をしっかりと地面に置いています。彼はカトリーナの後の先史時代に生きることがどのようなものであったかを覚えています、電気も携帯電話もなしで、毎日は闘争でした。


「嵐の後、それは100年前の生活のようでした」と彼は言った。 「私たちは対面でコミュニケーションをとり、メモを残す必要がありました。私たち全員がこの世に入ったことは何もないことに気づきました。そして私達は何も残さないでしょう。重要なのは、私たちが毎日その間にしていることです。私たちは今日持っているものに感謝します。」

スミスはトリニティがその途方もない走りで成し遂げたことを誇りに思っています。彼は、適切な状況下では、ほぼすべての従業員が全員、より多くのTrinityヨットを建てるために戻ってくると信じていると述べました。彼が実際にそれが起こっているのを見ているわけではありません。

「Trinityの購入者が見つからなかったことにショックを受けました」と同氏はさらに付け加えた。それは、スタートアップではなく、正しいオペレータとのターンキーとなるでしょう - しかし再起動です。労働はその地域を去っていない。

Geoffrey van Aller - ヴァンアラーヨット&ネイバルデザイン社長

Mary P、 Lind LindaMustang SallyはHurricane Season 2019の名前ではありません。彼らはTrinity Yachtsのチーフヨットデザイナー兼海軍建築家、Geoffrey van Allerによって考案された数多くのスーパーヨットのうちの3つです。

現在54歳のニューオーリンズ大学海洋工学および海軍建築学部を卒業したvan Allerは、20年で約60の象徴的なメガヨットを送り出し、世界第6位のカスタムヨットビルダーとしてのTrinityの成功ブランドを築きました。

この数年後の彼のデザインを見て、van Allerのエクステリアスタイリングはまだなめらかでタイムレスです。彼の航海作品が実際に発売されたのは、何十年か、何千年かを見分けるのは困難です。

van Allerのデザインは伝統的でエレガントで堅牢で、あらゆる角度から見て流れるような流れるようなラインを持つTrinityの美しいスーパーヨット艦隊を生み出しています。

「Geoffは目をよくしており、構造の観点から実際に構築できるものだけを描きます」とBilly Smithは述べました。

「私はボート全体を1つの全体として設計し、細部をつなぎ合わせることが好きです」とvan Allerは述べました。 「私は、あまりにも多くの細部の雑多なマッシュの雑然とした外観は好きではありません。流れるような形や曲線は、スラブの側面を持つ直線よりも、むしろ無数のコスチュームジュエリーが投入されているのではなく、自分自身のためになることを望みます。」

子供のころ、van Allerはミシシッピサウンドでホーン島への短い航海に興味をそそられました。 1960年代にBiloxiのBroadwater Beach Marinaにドッキングされた50フィートのスポーツフィッシャーズでのキャンプや釣りの経験、そして驚異的な航海の発見の旅に、van Allerは終わりを告げました。

「これらは私が今までに見た中で最大のボートでした」とvan Aller氏はミス、ビロクシのBroadwaterでのハムディンガーについて語っています。

現在、ミス・オーシャンスプリングに拠点を置き、自身のデザイン会社であるvan Aller YachtとNaval Designで、Geoff van Allerは新しいスーパーヨットのデザインと改良、そして商業建築業者のための改良と改造作業に忙しい。

カトリーナで3戸すべての家を失った後も、ヴァン・アラーはかつて5年間トリニティトレーラーの1つに住んでいましたが、ミシシッピ以外では自分のことを想像することはできません。クリエイティブアウトレット

「私はここで育ちました」と彼は言った。 「フロリダとノースウエストでしか聞こえません...南はメガヨットを設計または建設する場所とは考えていませんでしたが、現在私たちは知っています。あなたは世界を旅して、どこにあなたがメガヨットを設計しそして造るために着陸しようとしているのか、そしてあなた自身の裏庭でそれをすることを思いつくことになるだろうと思っています。それはかなりきれいです。」

Jim Berulis - サバンナヨットセンター副社長兼ゼネラルマネージャー

72歳のJim Berulisはいつも自分の手で最初から何かを作っているようです。まともな、まっすぐなシューティングゲーム、トリニティの副社長は、辛抱強さと戦略を難しい方法で学びました。そして、カトリーナの後、日ごとにボートを造り、夜と週末までに家を修理しました。ハリケーンは彼の従業員にその負担をかけていた、ストレスは離婚を開始しました。

「誰もが苦しんだ」とBerulisは語った。 「誰もがすべてを失った人を知っています。」

トリニティの危機の間の彼の指導力は今サバンナヨットセンターの拡大に恩恵をもたらします。ゼネラルマネージャーとして、3年ほど前のサバンナでの最初の日、彼は一人で庭で一人でいました。

「それは不気味だった、沈黙」とBerulisは言った。 "しかし、私は可能性を構想しました。"

Berulisが指揮を執ったときから、6人のスーパーヨットが彼らの補修と整備作業のためにSavannah Yacht Centerとその17,000Tドライドックを選んだ。造船所のサービスの一部であり、船を維持するために、Berulisと彼のチームは戦略的な成長と60メートル以上のスーパーヨットに対応する資本の改善のために造船所のインフラストラクチャを同時に改良しました。 2019年中にすべての重い工事が完了する予定です。

長さ450フィートまでのヨット用の140メートルのグレービングドックと1,200フィートのウェットスリップを備えた、サバンナヨットセンターの新しい3,240Tのシンクロリフトとレールトランスファーシステムは、6台以上の260フィートのスーパーヨットに同時に対応します。改装とサービス。

ジョージア州の大西洋近くのアメリカに戦略的に位置するサバンナの快適な気候は、年間12ヶ月の改装工事を可能にします。改装された庭には、船の店や市場、事務所、体育館、クルーラウンジ、カフェ、バーなど、あらゆるアメニティが揃っています。9月のこの庭の見学では、新しい施設がほぼ完成しました。

Berulisは、ニューオーリンズと比較してサバンナでの料理の楽しさを楽しんでいますが、供給量は少なくなっています。

「約90日後に、あなたはサバンナの新しいレストランからやり直さなければなりません。あなたはすべての最高のレストランを見つけたからです」と彼は冗談を言いました。 「彼らは素晴らしく、私は私のお気に入りがありますが、私の妻と私はニューオーリンズを欠場するのが好きだということを知っています。」

Phil Nuss - トリニティヨット修理担当社長

Trinity Yachtsの元技術責任者、Phil Nuss、54は、現在もGulf Coast Shipyard Groupの一部であるTrinity Yacht RepairのSeaway Roadにいます。

「6月または7月に事業を再開することを決定した後、FLIBS 2018でデビューしました」とNussは言いました。

「私達はハーヴェイ湾の艦隊を維持するのにほとんどの時間を費やしている。私達はいくつかの小さな修理プロジェクトをやっていてそしてより大きな仕事を目標にしようとしている。私たちは常に最大100メートルのボートを操縦し、3000Tのボートを拾うことができます。」

Nussにはこれまでに作られたあらゆるTrinityヨットの本質的な知識がありますが、Trinity Yacht Repairはあらゆるスーパーヨットの修理やメンテナンスに利用できます。彼はまだTrinity Yacht RepairにTrinityロゴを使用しています。

Nussは、燃料がフォートローダーデールからガルフポートへと燃えた後でさえ、ヨット船長がTrinity Yacht Repairで補修または修理の仕事で10パーセント節約できると主張します。

「私達はまたクラスの点検をしています。我々はあなたにお金を節約させて、そしてニューオーリンズから1時間です。私はMandevilleからGulfportに毎日通勤しています。遠くない」

カテゴリー: インテリア・デザイン, エレクトロニクス, エンターテインメント, メガヤッツ, ヨット