全電動ハイドロフォイルモーターボートであるカンデラ7に会う

ヨッチング14 11月 2019

Candelaの新しい全電気式フォイルボートの量産用のSicominのエポキシ注入樹脂と接着剤製品。

スウェーデンで建造されたCandela 7は、7.7 mのオープンモーターボートで、カーボンファイバー構造と水中翼を組み合わせて、1回の充電で50海里(25ノット)の範囲でほぼ無音の100%電気クラフトを作成します。

軽量化に焦点を当てることが、このゲームを変えるパフォーマンスの鍵です。わずか1300 kgの湿重量で、カンデラは従来のグラスファイバー化石燃料駆動のボートよりも約45〜50%軽量です。

Candelaの設計およびエンジニアリングチームによる複合エンジニアリング作業により、230 kgのバッテリーパックを支えながら、重量がわずか240 kgの、完全にフォイルするカーボンファイバーの船体とデッキ構造が実現しました。

Sicominは初期段階でプロジェクトに参加し、Candelaと協力して、初期プロトタイプ容器の製造に高性能エポキシラミネート樹脂を供給しました。連続生産の立ち上げにより、同社は生産プロセスを工業化するというCandelaの目標をサポートすることができ、材料とプロセスのサポートを提供し、その後水試験で広範囲にわたって検証されています。

船体とデッキのエポキシシステムをSicominのSR1710注入製品に切り替えることで、カンデラは、より高い機械的特性とポストキュア後の100℃という印象的なTgを備えたラミネートを製造しながら、よりクリーンで一貫性のあるプロセステクノロジーを活用しています。

SR1710は、高温および湿潤状態で優れた性能を発揮することも示されており、このような高負荷のフォイルクラフトのCandelaにとって重要です。
Candela 7の内部構造の接着と完成品の最終組み立ては、Sicominの主力エポキシ接着剤であるIsobond SR7100THを中心に設計されています。 SR7100THは、厚い接着線と薄い接着線の両方に対応しており、いくつかの異なる硬化剤速度を備えており、長期疲労試験での微小亀裂に特に耐える使いやすい接着ソリューションを提供します。

現在、量産されており、すでにヨーロッパで5隻の船が出荷されており、カンデラの新しい船は今後数か月にわたってヨーロッパ各地のさまざまな場所で見られ、試運転できます。

カテゴリー: ハイブリッドドライブ