ボルボ・フィナーレのトリプルクラウンのニュージーランドセーラーレース

Alexander Smith7 6月 2018
(写真:チーム・ブルネル)
(写真:チーム・ブルネル)

ニュージーランドは、ボルボ・オーシャン・レースの最終ステージで多くのセーラーを抱えています。最高のセーラーの2人は、アメリカズカップとオリンピック金とともに難しい「トリプルクラウン」で競い合います。

49erクラスのオリンピックのパートナーであるピーター・バーリングとブレア・トゥケは、日曜日にスウェーデンのイェーテボリでカーディフからセールを行うレースの最後から2番目の脚で首位に立つ。

しかし、彼らのうちの1人だけが世界一周のレースに勝利し、セーラーが管理していない高音を達成することができます。

トゥケはスペインのMAPFREに搭乗しているヘルムズマン/トリマーであり、中国のバックパッカーである東風レースチームに次ぐ第2ポイントであり、バーリングはオランダ代表のチーム・ブルネルと同じ役割を果たしている。

昨年、バミューダで開催されたアメリカズカップでニュージーランドを優勝に導いて以来、ほとんどの時間を家で過ごしていたにもかかわらず、バーリングはレースで誇りを持ち、トゥケはいつも夢を見た。

バーリーは、「それは本当にクールな旅でした。以前はオフショアレースでは経験していなかったような学習経験です。」バーリングは、カーディフでの練習の後、ロイターに語った。

Burlingは、彼の良い友達Tukeを相手にレースをしている、「ちょっと変わっているけどクールだ」と言っているが、選手Bouwe Bekkingの下でBrunelが勝つために必要なものを持っていると確信している。

バーレルは、ブルネイのスピードとスマートな戦術的な改善は、ヘイグに入るチャンスを得るためには、我々が得た勢いを維持し、別の強固なものを組み込む必要がある」と述べた。乗組員は野党を「粉砕する」。

「我々がグループとして下したすべての苦労は、実際には今実績を上げている。それを振り返ってみれば、レースの初めはあまり良くなかった」と付け加えた。

リラックスする時間
バーリングは、彼とトゥケは、今月オランダでレースが終了し、アメリカズカップの準備に関わった後、帰国することを計画していると付け加え、東京オリンピックでタイトルを守るべきかどうかをまだ決めていないと言います。

彼は睡眠不足に慣れていますが、休息時間は3時間半も2時間も4時間もありませんが、数週間の海の脚の上で海水が溜まっている間に本当にシャワーを逃してしまい、すぐに疲れました食べ物。

「私がまだ忙しいと確信しているにもかかわらず、家に帰ってリラックスするのにちょっとした時間を持っていることにとても興奮している」と彼は語った。

しかし、彼とTukeが世界中を歩み、南半球からの支持が高まっていることを感じたBurlingは、再びニュージーランドの乗組員がこのレースに勝つ可能性を考えています。

「おそらく、我々はレースでキウイのチームを戻してみるといいかもしれないが、かなり素晴らしいだろう」と彼は語った。

「このような長い間、ニュージーランドのヨットの大きな部分を占めていました。それは、過去2〜3年の間にキウイのエントリーがなかったのは残念です。」


(Ed Osmondによる編集)

カテゴリー: ヨット