ニューヨットテンダーは100%エレクトリックです

投稿者:Michelle Howard10 9月 2018
写真:エイボン
写真:エイボン

Avon(Zodiac Nautic Group)&TorqeedoはeJET 450(100%電気入札者)を立ち上げました。

Zodiac Nauticは、1991年に世界初のジェット入札を導入し、20年以上にわたりエイボンブランドを通じて豪華なヨット入札の景観を改装した後、ボート業界の未来を探求し続ける努力を倍増させています。

ドイツのTorqeedoと共に、ヨットの所有者が直面する最も重大な問題:入札用の燃料の運搬、油の交換、信頼性の問題および高価なメンテナンスに対処する100%電気入札eJET 450を開発しました。

これらの入札には、Torqeedoの最新の55kW Deep Blue電動モーターと最新の自動車用バッテリー(BMW i3で使用される30.5kWh)が装備されています。 eJETは23ノット(5ノットで7時間)で90分の範囲を取得し、画期的なハイドジェット技術により最大31ノットのスピードを実現します。 eJET製品には、インターネットを介して直接保守およびアップグレードできるように接続された機能も搭載されています。

その豪華な背景に拘わらず、Avon eJETは、高品質のハイパロンファブリック、優れた電気式伸縮シートをSerge Ferrariがフランスで手で縫い合わせたキルティング仕上げになっています。範囲は完全にカスタマイズ可能で、何百ものオプションがあります。

カテゴリー: エレクトロニクス, 海上推進, 海軍力, 造船